骨粗鬆症

骨粗鬆症は圧倒的に女性、特に閉経後の女性に多くみられなす。

骨粗鬆症とは、骨の量が減って、骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。

近年、高齢化に伴ってその数は増加傾向で日本には約13000万人の骨粗鬆症患者さんがいるといわれております。

​症状

骨粗鬆症になっても、ほとんどの場合痛みはありません。しかし、転ぶなどのちょっとしたはずみで骨折しやすくなります。特に、背骨(脊椎の圧迫骨折)、手首の骨(橈骨遠位端骨折)、太ももの付け根の骨(大腿骨頚部骨折)の骨折は三大骨折と言われています。また、背中が丸くなったり身長が縮んだりします。

​原因

からだの中で骨は、新たに作られる“骨形成”と溶かして壊される“骨吸収”を繰り返しながら新陳代謝を行っています。骨粗鬆症では、女性ホルモンの減少や老化などの原因で、このバランスが崩れて骨がスカスカになっていきます。

​診断

当院では最新型の全身型骨密度測定機と血液検査を用いて検査を行います。

高齢者が寝たきりになりやすい腰椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折を予防する為に、腰椎と大腿骨を直接測定するDXA装置です。

​生活予防

 (食事)

  • カルシウムを十分にとる

  • ビタミンD、ビタミンK、リン、マグネシウムをとる

  • 肉や魚、大豆など適量のタンパク質をとる

 (運動等)

  • 禁煙し、アルコールは控えめにする

  • ウォーキングなどの運動を行う。

  • 15分以上の日光浴をする

  • 転ばないように注意する

骨粗しょう症 サムネ2.jpg
yt_logo_rgb_light.png
骨粗しょう症 サムネ 1.jpg
yt_logo_rgb_light.png