ひざ関節の

再生医療

 

    PRP-FD療法

(血小板由来因子濃縮物)

woman holding her painful knee on white background.jpg

変形性ひざ関節症に対して、これまでいろんな治療を行っても効果が感じられず、かといって人工関節手術にはまだ踏み切れない・・・、そんな方の選択肢のひとつとして注目されています。

PRP-FDとは

PRP-FDとは、ご自身の血液から抽出した血小板由来の成分を濃縮してフリーズドライの製剤を作成し、これを直接ひざに注入する治療法です。血小板の活性成分のみを凝集して作成するため、PRP(多血小板血漿)よりも2倍以上の「成長因子」が含まれています。

こうした成分を直接膝に注射することで、膝軟骨組織の修復(自然治癒力)が促進され、「早期治癒」「痛みを軽減」させる効果が期待できる治療法です。

PRP-FDの特徴

1、ご自身の血液から抽出した「成長因子」で軟骨細胞の修復

 

2、自己血液を使用するオーダーメイド治療なので安心安全

 

3、注射後の痛みが少ない。関節内注射で日帰り治療

PRP-FD療法の流れ

PFC-FD化粧箱バイアル写真.png
イラスト1.jpg

1 医師の診察とカウンセリング。

 

治療が適応になるか判断させていただきます。

イラスト2.jpg

2 約50ccの採血 → 製造過程へ

 

血液検査(HBV,HCV,HIV,梅毒,HTLV-1)を行なった上で、PRP-FD(PFC-FD)を作製(活性化成分抽出/フリーズドライ化)。約3週間後、ご自身のPRP-FDがクリニックに届きます。 

イラスト3.jpg

3 ひざ関節に注入

 

注入の時間は5分ほどです。

イラスト4.jpg

4 当日から、日常動作の制限はありません。

翌日からは全身の入浴が可能です。

PRP-FDの施術費用

初回 220,000円(税込)
※PRP-FDは血液検査で治療不可となる場合があります。その際は、血液検査費用のみ患者様負担となります。

PRP-FD療法をご希望の方へ

・リハビリ等で通院中の方は、理学療法士又は医師にご相談下さい。

・初診・再診で当院へいらっしゃる方は、医師の診察を受けて頂き、治療が適応になるか判断させていただきます。​

PRP-FD療法の注意事項

PFC-FDの注入後、一時的に痛みが強くなることがあります。
特に、運動や飲酒、入浴などで血行が良くなると症状が起こりやすくなりますので、激しい運動などはお控えください。

  • YouTube
  • Instagram

Arisugawa

Orthopaedic Clinic

​〒106-0047  東京都港区南麻布5−13−6

​           広尾駅より徒歩3分

​           六本木駅より徒歩10分

Copyright © 有栖川整形外科 All right reserved.