0

arisugawa

socks

1442D03E-6576-4399-8971-87D004FD4209.JPE

​整形外科医からうまれた靴下

整形外科の医療現場では毎日たくさんの患者さんが足の痛みだけではなく、腰や膝、首などの痛みを訴えて来院されます。しかし、患者さんの痛みをもつ人の多くに足の筋力の低下、バランスのくずれ、土踏まずがなくる扁平足や冷え性を同時にみられます。

近年シューズのテクノロジーの進歩や運動意識の高さにもかかわらず、なぜか足の障害を抱える人は増える一方です。 しかも年々若年化してきています。

かつて日本において、明治時代までは外反母趾という概念はありませんでした。 近代化につれて足は長時間、履物に拘束され足指が使われなくなり、日常生活においてもハダシでいられる環境も少なくなり、足本来の機能が退化してきています。

足や足指を弱くなると足の筋肉、腱、靭帯のゆるみます。そして、足のアーチが扁平化します。 その結果、足の痛み「疲れやすい」や「歩きにくい」、荷重のバランスのズレがおき、膝や腰そして首にまで負荷がかかり痛みの原因になります。足の血液の循環が悪くなると冷え性になりやすく、自律神経のバランスを崩し免疫低下の可能性をもたらします。

約一年間の製作時間、半年の臨床試験を経て誕生。約一年かけてたび重なる熟練の靴下職人との微調節や試作品。さらに、半年かけて足に悩み持つ患者さん30名以上の臨床評価を経て、やっと、誕生いたしました。

 

この靴下、とてもこまかい立体構造ため、つくれる工場は日本にたった1カ所しかない。だから、大量に織り上げることができません。

 

今までは、クリニックの中のみで限定販売をしてきましたが、患者さんからの口コミと強い要望もあり、この度、少しずつですがネット販売することにいたしました。

 

お医者さんつくった足にやさしい靴下「 有栖川ソックス」、をぜひどうぞ。

Feature 1

速乾性や保湿性に優れた素材

素材は皮膚科医協力のもとかゆみやかぶれなどアレルギーになりにくい綿とドラロンアクリルという素材を50%混紡。(肌に触れる部分は100%綿)このドラロンアクリルという素材は通気性や吸汗性た高く、保温性にも優れた素材です。夏は熱を逃し、冬は乾燥から肌を守ります。

Feature 2

締め付けがなく快適な履き心地

足のむくみや外反母趾など、足の悩みに対して出回っている商品のほとんどは締め付けによる圧迫や足部の矯正を伴います。有栖川ソックスは圧迫や矯正することなく足や足指の動きをサポートし足の機能を再現できるように改良を重ねました。足の締め付けがなく快適な履きさと丈夫さをつくりあげています。

Feature 3

徹底的に追求し1年かけて制作。

約一年間の製作時間、半年の臨床試験を経て誕生。約一年かけてたび重なる熟練の靴下職人との微調節や試作品。さらに、半年かけて足に悩み持つ患者さん30名以上の臨床評価を経て、やっと、誕生いたしました。

 

この靴下、とてもこまかい立体構造ため、つくれる工場は日本にたった1カ所しかない。だから、大量に織り上げることができません。

 

今までは、クリニックの中のみで限定販売をしてきましたが、患者さんからの口コミと強い要望もあり、この度、少しずつですがネット販売することにいたしました。