top of page

更新日:1月15日

繰り返される股関節の負荷や加齢、外傷によって関節の炎症や損傷、筋肉や腱の緊張などが起こり痛みや症状をともないます。また神経の圧迫などが原因で股関節や太ももまわりに症状が起こる場合ががあります。


股関節の痛みは、歩行や階段の昇降などの動作に影響を与え、中には大腿骨骨頭壊死など股関節の重篤な疾患の可能性もあります。


痛みを放おっておくと症状が慢性化したり、腰や膝など他の関節や部位にも影響を及す場合もあります。そのため、股関節の痛みを感じたら整形外科を受診し、早めに原因を特定して適切な治療を受けることが重要です。



脚の痛み|有栖川整形外科

変形性股関節症


症状

原因

治療・アドバイス

関連動画


 

臼蓋形成不全


症状

原因

治療・アドバイス


 





bottom of page