top of page

更新日:1月25日

腰の痛みは、多くの人が経験する一般的な不快感です。腰の痛みの原因はさまざまで、筋肉や靭帯の損傷、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、骨粗しょう症などの疾患があります。


腰の痛みは、急性的に発生することも、慢性的に持続することもあります。腰の痛みの程度や性質は、個人差が大きく、鈍い痛みや鋭い痛み、しびれやひきつれなどの神経症状を伴うこともあります。

腰の痛み|有栖川整形外科
腰の痛み

腰の痛みを改善するためには、まずは原因を特定することが重要です。医師による診断や検査を受けることで、腰の痛みの原因が明らかになります。


原因によっては、薬物治療や理学療法、手術などの治療法が適用されます。また、日常生活で注意することも大切です。姿勢を正しく保つことや、適度な運動をすることで、腰の筋力を強化し、負担を減らすことができます。逆に、重いものを持ち上げることや、長時間同じ姿勢でいることは、腰に負担をかける原因となります。


腰の痛みは、放っておくと悪化する可能性があります。早めに対処することで、より良い生活を送ることができます。腰の痛みに悩んでいる方は、以下の症状について確認してください。




 

急性腰痛症(いわゆるぎっくり腰)


症状

原因

治療・アドバイス

関連動画


 

筋筋膜性腰痛症

症状

原因

治療・アドバイス

関連動画


 

腰椎椎間板症/腰椎椎間板ヘルニア

症状

原因

治療・アドバイス

関連動画


 

腰部脊柱管狭窄症

症状

原因

治療・アドバイス

関連動画


 

脊柱圧迫骨折


症状

原因

治療・アドバイス



bottom of page